Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に送りました

父はこちらの限界を悟ってか、17日の夕方突然容態が悪化し、
18日早朝にあっという間に逝ってしまいました。

本人は、良くなろうと一生懸命努力をしていていてました。
亡くなる3日前には突然ひとりで起き上がって、迷惑を掛けまいという姿を
みせていただけに、私の気持ちを感じてしまったのではないかと悔いるばかりです。

夕方から一気に悪化し、入院。翌朝には息を引き取りましたが、
朝まで父と二人きりで過ごして、心から感謝できる時間が持てたのと、
最期は皆に見守られながら眠るように逝ったので、
悲しさよりもまた必ず会おうという思いで一杯でした。

主治医の先生も休日にもかかわらずご出勤くださり、
肺病の患者さんとしては大往生だとのお言葉もいただきました。

葬儀は23・24日となったため、葬儀までの間に多くの方が自宅に弔問に
きていただき、父に面倒を見てもらったエピソードなどを教えてもらい
改めて父の偉大さを知ることもできました。

本当にこの一年は父にとっても大変だったとは思いますが
主治医の先生や地元の先生、訪問看護の方やヘルパーの方々など
多くの心優しい方々に囲まれて、本当に幸せな晩年を過ごせたと思います。

最後の葬儀も、職人の父に似合わない厳かな場所(姉談)で、
笑いあり、涙ありの弔辞などをいただき、ゆっくりと送ることができました。

最後に生きることの難しさ、老いの醜さ、病の恐ろしさ、死と向き合う姿
私にとって、どんな財産よりも大切なことを教えてくれた父に
今度あったときには、よくやったと褒められる人生を送らなければと思いました。

要介護5

父の再認定がでた。
これからはオムツの補助もあるそうです。

今までが2だったので、もっと早く再認定してもらえば良かった。

まあこれで経済的な負担が楽になるのは一安心。

しかし、連日の実家通い、歩いて五分位なんだけど、往復の足取りの重いこと。

今日は姉が来てくれる予定なのに、母は大変だし、大丈夫だから来なくていいよなどと連絡をしていたらしく、姉から確認が。

勘弁してくれ~。
昨夜も具合が悪く、結局12時前まで帰れなかったのに。

私の親は、周りから幸せだと言われ、私は周りから大変だねと言われる。

一番キツいのは、父親がまともな時に拝まれて、すまないと言われること。

元気になる見込がないので、現状を変える唯一の方法って。。。

介護疲れで事件を起こす人の気持ち良くわかります。

それでも、また今日も気持ちを切り替えて。今日は笑顔で接する事ができるかな。

仕事三昧

スマホにしてから結構経ちましたが、
アブリでブログが書ける事がわかり初挑戦。

昨夜から姉が来てくれたので、今日は仕事三昧。

この半月で溜まった雑務の8割は完了。

今帰宅中←今ここ

不定期だった姉の訪問も毎週金曜に決めてもらえたので、計画的に動けます。

明日も予定満載で休めませんが、
気になっていた仕事も進んで少しは楽になりました。

フ~。

介護な日常

ものすごく久しぶりの更新です。

最近の日常は、父の介護がメインとなっています。

Kは大学のプログラムでドイツに1か月語学勉強へ。
Sは相変わらず留年の二文字に怯えながら、オタク街道まっしぐら。

母は軽い痴ほうが出て、父の介護もままならず、
父は完全に寝たきりになってしまい、日中2回ヘルパーさんに
面倒をみてもらってます。

仕事が終わると、実家に行って食事の支度。
夜10時に父のおむつを交換して帰宅、就寝。

そして、ときどき夜中や早朝に母からのSOSにより出動。

ということで、最近はSOSにより午前中の仕事のキャンセルや、介護費用、
おむつ代の増加などこの先の経済状況がかなり不安ですが、何とか暮らしています。

まさか、自分が父親のおむつを交換するとは夢にも思いませんでしたが
今ではすっかり慣れてしまいました。

今まで週一回の掃除、週2回の看護師さんをお願いしていたのですが
ケアマネから毎日2回おむつ交換サービスを勧められてお願いしたら、
毎月8万超の請求が。。。

友人に相談したら、介護状態の再認定を受けられるときき、ケアマ
ネに伝えたら、これから手続きしますとの事で、うまくいけば自己負担
も少なくなるらしく、少し安心。

親の介護が終わると体がボロボロと言われますが
このまま、父と母の面倒をみるとなると納得。

今日、NHKでトカラ列島の宝島に移住する人たちを取り上げていましたが
しがらみがなく、移住できる人はうらやましい。

といっても、やはり日常は続くので、どうせやるなら優しく、楽しくと
言い聞かせています。

人生、いろいろ。

明日は通院、明後日は誕生日

自分の体調不良では通院する時間などないけど、
明日は父の通院日。

この病院の先生には本当に良くしていただいていますし、
知り合いの看護婦さんは駆け寄って激励してくれるしと
子供としては感謝してもしきれないので最後まで診て貰えればとは思うけど
大病院なので通院できなければ、往診してくれる病院へ変らなければならず
父としては何としても通院したいのでしょう。

それでも、ほぼ一日寝たきりの状態では、明朝になってみないとどうなるのかわかりません。
先生にも通院するのは難しいので無理をしないようにとは言われてるので、どうなることやら。

そして明後日は父の誕生日。
うちの子供や姉夫婦の都合もあって誕生日会は次の日曜日に予定をしてますが、
何とか82才を迎えられそうです。

それにしても最近の姉との会話はお葬式とお墓の事。
特にお墓は建て直さないとボロボロだし
単刀直入に一体いくら用意できるかと言われても。。。

取り敢えず頑張って働かないと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。