Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fudeki.blog78.fc2.com/tb.php/81-9613a769

トラックバック

コメント

[C81] 遺していったもの

ふできさん、こんばんわ。
お父様の容態、お世話になった恩師が亡くなった知らせ、
時の流れというのは決して待ってくれず無情ですね。
お父様が一日でも長く、ご家族の皆様と楽しく過されること、
そして恩師さまのご冥福をお祈りいたします。

そういう自分も、義母が先日亡くなって。
まだまだ子供で頼りない自分なのに、こんな私に旦那をふいに
預けられたようで、、、なんだか責任の重さをひしひし感じています。
先に生きてきた方たちが先に逝く、というのはとても悲しいことですが
ふできさんのお父様も、そして亡くなった先生も、確かな何かを
ふできさんの胸に既に刻み、遺していらっしゃるのですよね。
ふできさんはそれをわかっておられるから・・・
だからそのお気持ちだけで充分だと私は思います(^-^*
私達は、先を歩き先に逝くひとたちのぶんまで、どんなに辛くとも
投げないで最後まで生きる、ただそれだけではないでしょうか。
唯一それが、遺された私達にできることではないかと、そう思えるんです。

[C82] Re: 遺していったもの

あすみんさん、こんにちは。

>投げないで最後まで生きる

あすみんさん、本当に心に突き刺さりました。
ここのところ、少し脱力モードでしたが、背筋がシャキッとしました。

いまさら大きな目標もありませんが、
投げ出さない姿勢は最期まで貫きたいと思います。

昨日より今日、今日より明日。

あすみんさん、本当に感謝感謝です。
  • 2010-09-25 10:15
  • ふでき
  • URL
  • 編集

[C83] 理想的。

>この数か月の状況を思うと、確かに社会的地位や財産は残せなかったけど
>最後の姿は、人間として素晴らしいと思う。改めて父を尊敬できた。

こうゆう風に自分も思えるものだと私も思っていました。
だけど、やっぱり違いました。 
まぁ、ふできさんの父上と私の父を同じにしたら失礼な話ですが(^^;;
でも、羨ましいなぁ。

ふできさんの生け花に対するコメントが
他の方と違う理由が分かった気がします。

  • 2010-09-25 21:19
  • まみん
  • URL
  • 編集

[C84] Re: 理想的。

まみんさん、こんにちは。

偉そうなことを言っておりますが、
日々の生活の中では、早く死んでしまえと思うことが多々あります。(^^;

あんまりわがままが過ぎるとついつい大きな声を出してしまいますし。
決して理想的ではありません。

ただ、こんなにバカ正直に生きてきたから、
最後ぐらい良い思いをさせてあげられればという感じです。

しかし、最近は考えさせられることが多くて、50を前にして
迷うばかりです。
  • 2010-09-29 21:44
  • ふでき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

涼しくなって

テレビで、今年は夏から冬に一気に移行するって言っていた。
何でも、25日以降は平年より冷え込むらしいから、
短い秋を楽しまないと。

最近はやはり、父の容体中心の生活。
夏を越すのは難しいといわれが、夏がなかなか終わらないので
何とか今日まで来ている。

といっても、肺気腫の症状は徐々に悪化してきていて、苦しくなると余計に
呼吸してしまうため、こういうときには、精神安定剤を飲むように指示され
ている。1回1錠、1日4回までという指示から、1日8回まで飲んでも構
わないということになった。

本当に終わりが近づいてきているんだなあと、実感するまで数時間かかった。

本人は安定剤を飲んでいるとき以外は、頭がはっきりしているのが、
口からでる言葉は、迷惑をかけて申し訳ないという事と、私や孫の心配ばかりだ。
この数か月の状況を思うと、確かに社会的地位や財産は残せなかったけど
最後の姿は、人間として素晴らしいと思う。改めて父を尊敬できた。


9月に入ってすぐ、小さい頃から薫陶を受けた先生が亡くなった。
私は小学校5年生の時から、日本舞踊をならい、この先生の指示で
長唄、三味線、鼓と今では日本トップクラスの先生へ習いに行っていた。

どの先生も非常に厳しく、私も大きくなると嫌になって
就職と同時に辞めてしまったが、十数年前、たまたま踊りの先生に
再会することができた。

それからは、折に触れて激励のお手紙を頂いてきた。
私がこの生活を始めたことをご報告すると、折々に子供に食べさせて
とお肉や食べ物を送っていただいた。

昔のお稽古は、棒で叩かれるし、ひっぱたかれるし、当時は本当に
良く叱られたが、今となっては怒る方の辛さも解り感謝ばかりだ。

それが、突然早朝に訃報を聞かされた。
不謹慎だが、私を怒ってくれる人がいなくなったと思うと仮通夜の時間まで
何もできなかった。まだ何も恩返しできていないのに。

私の人生で人より誇れるものがあるとすれば、この先生との出会いだ。

お稽古の時に思い出すのは、自分ではちゃんとできていると思うときは
非常に怒られ、これで良いのだろうかと思っているときは褒められる事だ。

当時は訳が判らなかったけど、思い返せば、
今に満足した稽古は手を抜いてる。手を抜いたら、元には戻らない。
それは人生全てに当てはまる。ということを教えていただいた。

あー、最後まで心配ばかりかけて、何にも恩返しができないまま、
勝手に逝かれてしまうのは辛い。

本当にこの数か月は、この歳をしてなんだと思われるかもしれないが、
生きる意味、私の生まれてきた意味を考えさせる出来事ばかりだ。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fudeki.blog78.fc2.com/tb.php/81-9613a769

トラックバック

コメント

[C81] 遺していったもの

ふできさん、こんばんわ。
お父様の容態、お世話になった恩師が亡くなった知らせ、
時の流れというのは決して待ってくれず無情ですね。
お父様が一日でも長く、ご家族の皆様と楽しく過されること、
そして恩師さまのご冥福をお祈りいたします。

そういう自分も、義母が先日亡くなって。
まだまだ子供で頼りない自分なのに、こんな私に旦那をふいに
預けられたようで、、、なんだか責任の重さをひしひし感じています。
先に生きてきた方たちが先に逝く、というのはとても悲しいことですが
ふできさんのお父様も、そして亡くなった先生も、確かな何かを
ふできさんの胸に既に刻み、遺していらっしゃるのですよね。
ふできさんはそれをわかっておられるから・・・
だからそのお気持ちだけで充分だと私は思います(^-^*
私達は、先を歩き先に逝くひとたちのぶんまで、どんなに辛くとも
投げないで最後まで生きる、ただそれだけではないでしょうか。
唯一それが、遺された私達にできることではないかと、そう思えるんです。

[C82] Re: 遺していったもの

あすみんさん、こんにちは。

>投げないで最後まで生きる

あすみんさん、本当に心に突き刺さりました。
ここのところ、少し脱力モードでしたが、背筋がシャキッとしました。

いまさら大きな目標もありませんが、
投げ出さない姿勢は最期まで貫きたいと思います。

昨日より今日、今日より明日。

あすみんさん、本当に感謝感謝です。
  • 2010-09-25 10:15
  • ふでき
  • URL
  • 編集

[C83] 理想的。

>この数か月の状況を思うと、確かに社会的地位や財産は残せなかったけど
>最後の姿は、人間として素晴らしいと思う。改めて父を尊敬できた。

こうゆう風に自分も思えるものだと私も思っていました。
だけど、やっぱり違いました。 
まぁ、ふできさんの父上と私の父を同じにしたら失礼な話ですが(^^;;
でも、羨ましいなぁ。

ふできさんの生け花に対するコメントが
他の方と違う理由が分かった気がします。

  • 2010-09-25 21:19
  • まみん
  • URL
  • 編集

[C84] Re: 理想的。

まみんさん、こんにちは。

偉そうなことを言っておりますが、
日々の生活の中では、早く死んでしまえと思うことが多々あります。(^^;

あんまりわがままが過ぎるとついつい大きな声を出してしまいますし。
決して理想的ではありません。

ただ、こんなにバカ正直に生きてきたから、
最後ぐらい良い思いをさせてあげられればという感じです。

しかし、最近は考えさせられることが多くて、50を前にして
迷うばかりです。
  • 2010-09-29 21:44
  • ふでき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。